<< これまでとこれから | main | カリール・ジブラン 「預言者」 >>

ありふれた1日が今日も過ぎていく

0

    今日は自分のお葬式の日の時の事を話したいと思います。
    自分のお葬式なんて・・・考えた事もないでしょう。
    私もです・・・今というものを必死で生きていますので
    自分が死ぬ時の事なんて考えたことありません。

    でも、もし・・・自分のお葬式の日に、
    神様から、「1日だけ繰り返したい日があるなら、その日をもう一度訪れていいですよ」と言われたら、あなたは過去自分が生きていた時のどんな日を訪れてみたいですか?

    人生で最も最高に幸せだった日?
    それとも、あの日に戻りやりなおしたいと思った日?

    けれど、この時、神様からこう助言されるんです。

    「ありふれた1日を選択し、訪れてみなさい」

    あなたは、こう神様に言われても

    「ええ〜?やだ〜 ありふれた1日をわざわざ選ぶなんて、せっかくやりなおせるのに」

    きっとこう答えるでしょう。

    けれど、実際、あなたはありふれた1日を選択し、訪れました。

    それは、なんでもない日常の1シーンなのかもしれません。
    それは、なんでもない家族のやりとりなのかもしれません。

    しかしあなたは、そのありふれた1日を見ていたら不思議と涙がとまらなくなってきました。

    平凡でありふれた暮らしの中にある幸せに気づき、胸がしめつけられたのです。

    あなたは、涙を流しながら、神様にこう訪ねます。

    「生きている間に、この事に気づく人はいないのですか?この大切な1分1秒に」

    すると神様は答えます。

    「いません。生きている間、誰もこの事に気づかないのです」

    今日という一日は、なんでもない1日かもしれません。
    けれど、この話を聞いて今日がどんなに幸せな1日か少しわかったような気がしました。だから・・・感謝して生きていきたいですね。

    ---------------------------------

    この度アマゾンでこのブログで伝えている事を電子書籍化しました。

    「神様が教えてくれた負の連鎖のしくみ」天下心月

    ご興味ある方は、↓下記のアマゾン購入ページのリンクをクリックしてください。

     




    心月↓ブログランキングに参加中!よければクリックお願いします
    スピリチュアル ブログランキングへ

     

    posted by: 心月のプロフィール | - | 20:59 | comments(0) | - | - |
    コメント