<< 赤ちゃんは親を選んで生まれてくる? | main | 毒母 >>

幸せの青い鳥

0

    太陽が輝く素敵なある日
    それはそれは美しい羽をもった青い鳥が生まれました

    太陽にあたるとキラキラと輝き
    見るものを魅了するこの青い鳥が
    この後どんな人生をたどるのか

    青い鳥の目線から見える現実と
    神様の目線から見える本当の現実とで違いを表現することで

    この青い鳥の人生が大きく別れていく様子をお伝えします

    青い鳥は本当に美しい鳥でした
    けれども青い鳥は自分の姿を見ることは出来ません
    青い鳥が自分の姿を見ようとしても
    たどり着く池はいつも濁りその姿を映し出すことは出来ませんでした

    ある時激しい台風がやってきました

    青い鳥は身体を休める木々の下を探すため、
    嵐の中を飛んでいます

    けれど、どんなに飛んでも休めるような木々が見当たりません
    青い鳥の身体はずぶぬれになり、身体は冷え切り
    ついに力尽きて地上に落ちてしまいます

    青い鳥の身体はその姿を隠すように
    泥だらけになってしまいました

    しばらくして嵐はおさまり、青い鳥は起き上がります
    そして泥だらけの重い羽を動かし、なんとか水辺までやってきました

    そこで青い鳥は生まれて初めて自分の姿を見たのです

    頭からつま先までその姿は泥だらけでとても汚れていました
    初めてみた自分の姿に青い鳥は愕然とします

    「自分はこんなに醜い鳥だったのか 自分は醜い鳥なんだ」

    青い鳥は自分が醜い鳥と勘違いしたまま、又空を飛び立ちます

    しばらく空を飛んでいるうちに
    身体の泥はすっかり綺麗になりました。

    身体を休める木々をみつけて休んでいると
    一匹のリスが声をかけてきました

    「ねえ君 素敵な羽だね どこから来たの?」

    自分は醜い鳥だと思い込んでいる青い鳥は
    素敵な羽と言われて自分が馬鹿にされたと思いました

    青い鳥はリスに向かって 
    「うるせーんだよ 馬鹿にしやがって」
    そう言い放った青い鳥の表情はその美しい姿とは反対に
    恐ろしく険しい顔でリスを罵倒します

    リスはびっくりしてその場を立ち去りました

    リスが立ち去った後ろ姿をみつめた青い鳥は
    今のやりとりを忘れるかのようにくちばしをかみしめ
    悲しい顔でまた空へと飛び去ります

    するとまた嵐がやってきました

    今度は青い鳥の全身は汚れずに
    自分の目でも確認できる下半分だけが泥で汚れてしまいます

    青い鳥からしてみれば

    ただでさえ汚い自分にさらに泥がついているので

    ついている泥を落とす気にもなれませんでした

    むしろどんなに空を飛んで泥が落ちようと

    不思議な事に自分から泥をつける行為を

    するようになったのです

    そんな青い鳥の姿を見かけた1羽のカラスがいました

    カラスは自分に泥をつける行為をしている青い鳥を見て
    大きい声で笑います「ワハッハハ、あいつ馬鹿じゃねーの」

    「そんなに泥をつけたきゃ 手伝ってやるよ」

    そう馬鹿にした後、
    なんとカラスは青い鳥に泥を投げはじめたのです

    カラスが投げた泥は

    青い鳥の顔に当たりました 

    青い鳥は涙を浮かべ悔しがります

    「なんで自分だけこんな目にあうんだ」
    「自分は誰にも悪いことをしてないのに」

    青い鳥は何故自分がいじめられるのか理解できませんでした


    青い鳥はそれは美しい羽を持った鳥です
    太陽にあたるとキラキラと輝き、
    誰もが魅了する素敵な鳥なのです

    なのにどうして青い鳥は
    自分の本当に姿に気づくことが出来ないのでしょうか?

    青い鳥は最初に遭遇した現実を
    潔く受け入れることができませんでした

    醜い自分の姿を目の当たりにして、
    自分は醜い鳥だと誤って認識してしまったのです

    だからリスに素敵な羽だと言われても
    馬鹿にされたとしか捉えられなかったのです


    例えばリスは青い鳥の美しい羽が見えていても
    こんな事を言ってくるかもしれません

    「右側に少しだけど泥がついてるよ」

    青い鳥のためと思って助言してくれているリスですが
    青い鳥からしてみれば、自分は醜い鳥と勘違いしているので
    助言ではなく、自分を非難しているとしか
    受け取ることが出来ないのです


    どんなに辛い現実でも、その現実を潔く受け入れ
    現実逃避せずちゃんとしっかり見ることが出来れば
    青い鳥は自分が本当は美しい羽を持っていることに
    気が付いたはずです

    潔く現実を受け入れてはじめて
    今体験している現実の本当の姿が見えてきます

    生まれてくる赤ちゃんは全てこの美しい羽を持った
    青い鳥と同じなのです

    ですが、生まれてくる環境や体験する事で
    誤った認識をしてしまい、
    現実の本当の姿が見えていません


    青い鳥はどうしたら幸せになれるのでしょうか?
    皆さんも一緒に考えてみてください

    2016.3/19 心月

     

    アマゾン電子書籍

    「神様が教えてくれた負の連鎖のしくみ」発売中

    天下 心月(あました みつき)

     

     


    ---------------------------------------------------

    ↓ブログランキングに参加中!よければクリックお願いします
    スピリチュアル ブログランキングへ

    posted by: 心月のプロフィール | - | 11:27 | comments(0) | - | - |
    コメント